• お肌の悩み・ご相談・新規ご予約は04-7155-5020
  • 再診・お薬のご予約はインターネット予約
診療日 月・金・土
診療時間
(月・金) 午前10:00~12:00 / 午後14:00~17:00
(土) 午前10:00~12:00 / 午後13:00~16:00

※診療は予約制・自費診療となっております。
※ドクター学会出席等の場合は、クリニックの診察日が変更となります。
診察日変更の際はお知らせに掲載いたします。

今月の一言
今月の一言

2019/08/01

2019年8月 今月の一言

夏の暑い時期になると、Tゾーンのベタつきやざらつき、毛穴の開きなどのいわゆる皮脂トラブルが増えてきます。
皮脂は、汗や皮膚の表面にある常在菌と混ざり合って皮脂膜という天然のクリームとなり、健康な肌を維持する重要な役割を担っています。しかし、何らかの原因で皮脂が過剰分泌を起こすと、肌トラブルにつながることが多いのです。

皮膚は、乾燥を感じると皮脂を多く分泌するといわれています。
夏は冬に比べて湿度が高いので、乾燥せず肌荒れをしにくいと思われる方も多いですが、夏でもエアコンや紫外線などの影響で、皮膚は乾燥しがちです。
また、脂取り紙などで皮膚の表面に必要な皮脂まで取り去ってしまうと、皮膚は水分をキープできなくなり、皮脂をさらに分泌するという悪循環に陥りやすくなります。
こうした皮脂の過剰分泌は、皮膚が乾燥しているサインともいえるでしょう。

また、毎日のメイクや間違ったスキンケアなど、普段何気なく行なっていることが、角質層に負担をかけている場合もあります。こういった角質層のダメージも、皮脂の過剰分泌の原因となることがあるのです。

まずは、毎日のスキンケアを見直すとともに、傷ついた角質層の修復をしましょう。
肌細胞に栄養源に限りなく近い糖類・多糖類・アミノ酸を配合した、ノンオイルで微酸性の多糖類パックの使用をおすすめします。
この多糖類パックは、傷ついた角質細胞を抱え込み、かさぶたの代わりになって自然な修復を助けます。パックはなるべく長時間肌にとどめておき、流す際は軽くがいいでしょう。

角質層が整い、皮膚の乾燥が改善してくると、皮脂の過剰分泌による肌トラブルも治まってくるとおもいます。ぜひ、夏場の角質ケアを根気よく続けてみてください。

-------------------------------------------------------

 【予約】

https://www.yoyakuru.net/rs/sakuraclinic/web/

 予約受付は当月含め3ヶ月間、8月・9月・10月となっております。

当日の予約、時間等の変更はできませんので予めご了承下さい。