• お肌の悩み・ご相談・新規ご予約は04-7155-5020
  • 再診・お薬のご予約はインターネット予約
診療日 月・金・土
診療時間
(月・金) 午前10:00~12:00 / 午後14:00~17:00
(土) 午前10:00~12:00 / 午後13:00~16:00

※診療は予約制・自費診療となっております。
※ドクター学会出席等の場合は、クリニックの診察日が変更となります。
診察日変更の際はお知らせに掲載いたします。

今月の一言
今月の一言

2018/10/01

2018年10月 今月の一言

 秋晴れの爽やかな空気を感じられる季節になりました。
朝晩の冷え込みによる気温差もありますので、くれぐれも体調にはお気をつけください。

 

 当院は、肌の「バリア機能」を高めるスキンケアの視点から、皮膚が正常な働きを取り戻すことを治療方針として考えております。そこで今回は、肌を守る「バリア機能」に欠かせない「皮膚常在菌」についてのお話しです。

 

 皮膚は人体で最大の臓器ともいわれ、たくさんの常在菌が存在します。今回、代表的な常在菌のなかでも、「表皮ブドウ球菌」、「黄色ブドウ球菌」の2種類の菌に焦点を当てていきます。

 「美肌菌」ともよばれる表皮ブドウ球菌は、天然の保湿成分を生み出し、健康的な皮膚には欠かせない菌です。一方、黄色ブドウ球菌は悪玉菌といわれ、異常増殖すると肌のかゆみや炎症を引き起こします。この黄色ブドウ球菌は、皮膚がアルカリ性に傾くことで働きが活発になり、毒素をつくり出すことで皮膚の湿疹や炎症といった症状の悪化の原因となります。

 そのため、大切なのは美肌菌である表皮ブドウ球菌を大切にしながら、症状の原因となっている黄色ブドウ球菌を減らし、常在菌のバランスを整えることです。

 

 肌への刺激を最小限にして黄色ブドウ球菌を減らすには、「肌を正しく洗うこと」です。一般的な石けんは、肌を悪玉菌が好むアルカリ性に傾けてしまうため、微酸性のアミノ酸100%洗浄料で洗いましょう。症状のある患部は黄色ブドウ球菌が増殖している状態です。よく泡立てたモコモコの泡で肌に摩擦をかけずに手で触れながら洗いましょう。すすぎの際は、洗浄成分が肌に残らないように念入りにすすいでください。

 

 症状の改善には、貴重な善玉菌を減らさないこと、善玉菌が活動しやすい環境をつくることも大切です。善玉菌は弱酸性の条件で増え、活発に活動します。当院では、弱酸性のなかでも肌がすこやかな状態に近いph5.0~6.5の微酸性にすることを治療として掲げています。そのため、皮膚を清潔にしたあとは、防腐剤や添加物が入っていない完全無添加のノンオイル微酸性ローションで保湿することをおすすめします。

 

 皮膚表面を限りなく自然な状態に保ち、常在菌のバランスを崩さないスキンケアをおこなうことで、健康的な肌をめざしましょう。

  

-------------------------------------------------------

 

 【予約】

https://www.yoyakuru.net/rs/sakuraclinic/web/

 予約受付は当月含め3ヶ月間、10月・11月・12月となっております。

当日の予約、時間等の変更はできませんので予めご了承下さい。