• お肌の悩み・ご相談・新規ご予約は04-7155-5020
  • 再診・お薬のご予約はインターネット予約
診療日 月・金・土
診療時間
(月・金) 午前10:00~12:00 / 午後14:00~17:00
(土) 午前10:00~12:00 / 午後13:00~16:00

※診療は予約制・自費診療となっております。
※ドクター学会出席等の場合は、クリニックの診察日が変更となります。
診察日変更の際はお知らせに掲載いたします。

自宅でのスキンケア

正しい洗浄と、保湿、保護。この2つを守るだけ。

正しい洗浄

肌と同じ微酸性、ノンオイル、
100%アミノ酸系の洗浄料で洗ってください。

一般的に市販されている洗浄料や洗顔料、シャンプー・リンスをはじめ、
染毛料、パーマ液、ワックス、ムースなどにも、
石油系界面活性剤が使われていることがあります。
せっかく正しい洗顔を行っても、シャンプーやリンスが
髪に残留することで、それが肌に触れるとニキビや吹き出ものをはじめ、
その他の皮膚トラブルの原因となることもあります。
さくらクリニックでは、皮膚のバリア機能と再生サイクルを整えるためにも、
肌の働きを妨げる成分を残留させるようなものは使用を控え、
洗顔だけではなく全身の洗浄に、
肌と同じ微酸性でノンオイルの100%アミノ酸系の
洗浄料を用いています。

今までのスキンケアを見直しましょうスキンケア1あらう

正しい保湿・保護

細胞の活性化を担う間質液に、限りなく近いローション。

私たちの体を作っている細胞は、間質液という物質に包まれています。
細胞は間質液を介して、毛細血管が運んできた
栄養分や酸素を取り入れ、同時に老廃物を排出します。
細胞が物質交換を行う場であり、細胞の活性化を担っている間質液は、
私たちが持つ自然治癒力をサポートしてくれる存在なのです。
当クリニックが治療のためのスキンケアとして採用しているのが、
この間質液の組織を参考にした、糖類・多糖類・アミノ酸配合の
ローションで保湿・保護することです。
"まもる"ケアにも、界面活性剤を含まないものを使うことが、たいせつです。

今までのスキンケアを見直しましょうスキンケア2まもる