• お肌の悩み・ご相談・新規ご予約は04-7155-5020
  • 再診・お薬のご予約はインターネット予約
診療日 月・金・土
診療時間
(月・金) 午前10:00~12:00 / 午後14:00~17:00
(土) 午前10:00~12:00 / 午後13:00~16:00

※診療は予約制・自費診療となっております。
※ドクター学会出席等の場合は、クリニックの診察日が変更となります。
診察日変更の際はお知らせに掲載いたします。

今月の一言
今月の一言

2018/05/01

2018年5月 今月の一言

 

 5月に入り、さわやかな季節になりました。日中は汗ばむ暑さを感じる日も多くなってきたので、もう夏も近いですね。

 

 当クリニックの患者様には、肌を外的刺激から保護する「バリア機能」を高めることを、治療の一環として日々のスキンケアに取り入れていただいています。
 すべての肌トラブルの元である乾燥を防ぐために、「ノンオイル微酸性ローション」で肌の保湿・保護のケアを習慣化しているものの、肌を清潔に保つ「洗い方」についてはそれほど気にされていない方も多いのではないでしょうか。
 今回は、気温や紫外線が高まるこの季節から重要な「肌の洗い方」についてのお話しです。

 

 皮膚の汚れを落とし、清潔に保つために重要な洗浄力のカギを握るのは「泡」です。キメ細かく崩れにくい泡は、汚れを浮き立たせて包み込むはたらきがあります。肌への摩擦を防ぐクッションの役割も果たしてくれるため、洗浄料は専用ネットなどを使ってよく泡立てましょう。逆さまにしても落ちない程度の泡が理想です。

 「肌をこすらずやさしく洗う」というのが一般的に聞く洗い方のフレーズとなりますが、泡をのせてさっと洗い流すだけでは汚れは落ちません。特にニキビや吹き出物、赤みやかゆみといった肌トラブルがある部位は、皮膚常在菌のバランスが崩れているため、過剰に増殖したアクネ菌や悪玉菌を洗い流すことも必要です。ある程度は手で皮膚の凹凸に触れながらしっかり洗うことを意識しましょう。顔周りの髪の生え際、身体の関節部は特に洗いやすすぎが不十分になりやすい個所です。その個所に症状が出ている方は、皮膚のしわやくぼみに沿ってしっかりと洗い、洗浄料が皮膚に残らないように入念にすすぐようにしてください。

 肌はアルカリ性に傾くことで皮膚常在菌のバランスが崩れ、肌トラブルを招きます。洗浄料をつくるために使用される界面活性剤には、アルカリ性の石けん素地系、中性の石油系、弱酸性のアミノ酸系がありますが、健康的な肌は微酸性であることで皮膚常在菌のバランスを保ちます。そのため、当クリニックの治療では健康な肌と同じ「微酸性」の100%アミノ酸系の洗浄料を推奨しています。この洗浄料で全身を洗うことにより、皮脂膜の形成に欠かせない常在菌のバランスを保ちます。

 

 洗うことは日々の欠かせないスキンケアの基本です。自分に合った洗い方を心がけましょう。

 

 

 

 -------------------------------------------------------

 

 【予約】

https://www.yoyakuru.net/rs/sakuraclinic/web/

 予約受付は当月含め3ヶ月間、5月・6月・7月となっております。

当日の予約、時間等の変更はできませんので予めご了承下さい。

2017年10月2日より、初診料等が改定となっております。

http://www.sakura-clinic-nagareyama.jp/wordpress/wp-content/uploads/2017/09/price.pdf